FC2ブログ
人妻専門の出会いサイトで逆援助交際しちゃおうよ。綺麗な奥様とSEXして小遣い稼げるなんてサイコー!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
人妻に挿入した。
俺36才、ユキ25才、ユキは俺の後輩マサアキの彼女。

年末にマサアキが田舎に帰り、大晦日、部屋に一人でいた俺に、ユキがおせち料理を持ってきてくれ、その時に、ユキに手を出してしまい、その後、マサアキが田舎から帰って来てからも、マサアキに隠れて、逢ってはエッチしていた。

ユキとのエッチはどんどんエスカレートして、バイブはもちろん、アナルSEXや縛りもやっていた。

そんなユキに3Pをさせようと、ユキには内緒で後輩のコウジと計画を立てた。

計画はこうだ、俺が縛って拘束したユキとエッチしている時に、コウジが登場するという段取りで、まぁ計画という程の事でもないんだが。

そして3P当日、コウジを俺の部屋の浴室に待機させ、ユキをいつものように部屋に呼んだ。

ユキは部屋に入るなり、

ユキ「こっちに来る前に、マサアキからメールが来て食事に行こうって…」

俺「ふ~ん、でどうしたの」

ユキ「体調悪いから、家で寝てるからって断っちゃた…」

俺「俺とエッチしたいから、彼氏の誘い断るなんて、スケベな女だな」

ユキ「だってそんな風にしたのは、俺さんでしょ!」

俺「ユキ服脱いで」

ユキ「え~」

俺「いいから早く!」

ユキ「うん…」

裸になったユキをベッドにうつぶせにして、縄で後ろ手に縛り、腹の下に枕を入れ、尻を高くし、脚を開かせ、足首をベッドの足に縛りつけた。

ユキは上半身うつぶせで、脚を大きく開き、オマンコと尻の穴を晒していた。

ユキのオマンコを指で開くと、トロッと愛液が溢れてきた。

俺「ユキ、オマンコとろとろだぞ!」

ユキ「いや~」

俺「浣腸してきたのか」

ユキ「うん、俺さんが、お尻ですると思ったから…」

俺「本当は、ユキがケツの穴でしたいんだろ」

ユキ「違うもんっ」

俺は、尻の穴を指で軽く撫でてから、ベッドの上にあがり、ユキの顔の前で脚を開いて座った。

俺「ユキ、しゃぶってくれ」

ユキ「うん」

ユキは顔を上げると、チンポの裏筋を舐め始めた。

俺は、ベッドサイドにあるオーディオをオンにして音楽を流した。

それを合図に、浴室から裸のコウジがチンポをいきり立たせて出てきた。

俺は手を伸ばし、ユキのオマンコを指で開き、コウジを手招きした。

俺は、そっとユキの後ろに来たコウジに、口パクと手でユキのオマンコにチンポを入れろと合図して、俺はコウジが入れやすいように、両手の指でオマンコを目いっぱい開いた。

コウジは、いきり立ったチンポを手で押し下げ、ユキのオマンコにチンポを近づけると、一気に挿入した。
別窓 | 未分類 | top↑
| 人妻と出会いサイトで逆援SEX |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。