FC2ブログ
人妻専門の出会いサイトで逆援助交際しちゃおうよ。綺麗な奥様とSEXして小遣い稼げるなんてサイコー!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
人妻とした
妻は白目をむいたまま、口を開けっ放しでいました。妻の目から、涙が流れ始めました。妻の口の端からは、唾液の糸が滴っています。

 「・・ああ・・あがああ・・あああ・・」

 男のゆっくりした動きにあわせて、妻の声が続きます。何と言う顔でしょうか。直前までセレブ奥様風だった妻の顔が、一瞬にして、男の剛直によって破壊されたのです。

 あの美しい妻が、お尻の穴に男根を埋め込まれて、白目をむいて、涙を流し、よだれを垂らしているのです。恐ろしいほどの快感が妻を襲っているのでしょう。妻が経験したことのないほどの。私が与えたことのないほどの。エロ漫画では見たことがありますが、妻がこんな顔をするとは・・。

 妻はついに、ベッドに突っ伏してしまいました。妻の両手は尻を離れ、頭の前でシーツを掴み締めています。くぐもった、連続した悲鳴が聞こえます。男はなおもゆっくりと、下半身を前進させます。割れた腹筋が、妻の尻にゆっくり近づいてゆきます。

 妻のカラダが、痙攣しているようにビクビクと震えます。妻は、長い間そのままの体勢でいました。尻を男根に貫かれて、長い時間連続して往っているようです。ヒップのバージンを男に与えて。肉体的にも、精神的にも、満足しきって。

 いつの間にか、私の頬にも涙が流れていました。不覚にも、妻が男根に屈服するビデオを見ながら、私は泣いていたのです。ソファにあったクッションを、私は顔に押し当てました。クッションを顔から離すと、ビデオが終わり、画面とヘッドホンの中はノイズだけになっていました。家族の誰もいない、一人だけの居間で、私はもう一度クッションを顔にあて、何十年ぶりなのか、号泣をしました。ヘッドホンの中のノイズで、自分の泣き声が聞こえないのだけが、幸いでした。

 翌日の日曜日は、繰り返し妻のビデオを見て、どす黒い嫉妬に息を詰めながら、オナニーに浸るという酷いものでした。視まいと思っても、家の中には私とそのビデオテープしか存在しないようなものです。何度射精したか、判らないくらいです。

 夜遅く、妻は子供を連れて帰ってきました。妻の態度はまったく変わりがありません。きっと私の顔はすごいものに変化していたでしょうが、そのことに気がついたそぶりさえ見せません。眠くてむずかる子供たちと、さっさと寝てしまいました。

 その深夜、妻の隙を見ながら、妻の携帯から彼の番号を探り出しました。携帯のメモリには彼が本名で載っていたため、すぐに見つかりました。堂々としたものです。発着信メモリもついでに確認しましたが、怪しい履歴も残っていません。

 月曜日、妻が起きて来ないうちに家を出ました。始業前の会社で時間をやり過ごしてから、行動予定に遠距離の取引先の会社名を書いて出かけました。会社から遠く離れた喫茶店を見つけて、モーニングを頼みます。10時が過ぎ、どうしても彼に目的を聞きたくて、電話してみました。何度しても出ません。思い余って彼の会社の番号を調べ、公衆電話を利用しました。適当な会社名と本名を名乗って、ビジネスライクに電話をしたのですが、彼の会社の人間によれば、彼は出張中とのことでした。先週の頭からドイツに行っていて、水曜日に帰ってくるそうです。
別窓 | 体験談 | top↑
人妻 36歳の女性
俺は26歳会社員。
今年の出来事を書きます。
文章なだけにオーバーに書いている部分もあると思いますが、その辺はご了承
ください。

その日、明日休みということで、レンタルビデオでエロDVDを5枚借りて、帰って
オナニーする予定でした。

夜の11時くらいの出来事でした。
信号待ちで車を止めていると、ゴンッという音と共に強い衝撃を受けました。
思わず「うおっ!!」と一人で叫んでしまうほどでした。
すぐにぶつけられたことに気付き、俺って赤で止まっていたよな?と気が動転している
のを冷静に考えながら車を脇に止めて、正気を取り戻しながら車を降りました。
自分の車の凹み具合を確認すると、後ろのぶつけた車のところに向かいました。

大きい最近流行のワゴン車で運転席に行くと女性が乗っていて、ビクビクしている
感じでした。
助手席をチラッと見ると、何歳かわからないけどチャイルドシートが設置してあり、
赤ちゃんが寝ているようでした。
これは大変だと思い、まず運転席のドアを開け、「大丈夫ですか?」と尋ねました。
俺が聞かれる方なのにな・・と思ったけど俺は別に怪我をしているわけでもないので、
相手の安全を確かめました。

「はい、大丈夫です。」と言うが声が震えており、ハンドルを握ったまま体も震えて
いるようでした。
俺もぶつけた経験はあるのでその気持ちは十分に理解できました。
後で免許証を確認したところ、名前は伏せておきますが36歳の女性でした。
女性の安全を確認すると「赤ちゃんは大丈夫ですか?」と聞きました。
女性は思い出したように慌てて赤ちゃんの安否を確認しました。

「大丈夫みたいです。」
との返答をもらい、後部座席には誰も乗ってないようなので、とりあえずケガ人は
いないというのがわかり、ひとまず安心しました。
とりあえず信号待ちで止まっていたところをぶつけられたことを説明し、車の状態を
見てもらおうと車に案内しました。
別窓 | 体験談 | top↑
| 人妻と出会いサイトで逆援SEX |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。